CBDとは?THCとの比較違いについて

ヘンプ(麻)の茎や種子から抽出されるカンナビノイドの一種。花は違法。
CBD(カンナビジオール)は日本で合法的に使用されるものです。
現在の部位規制から成分規制に変更検討されているようです。(2023年6月現在)
日本で正規に販売、取り扱われているものであれば、法律で認められた天然由来成分であり、WHO(世界保健機構)からもその安全性を評価されており、安心して生活に取り入れることができるものです。
アスリートがドーピングに該当せず愛用されているのは、アイソレート(CBDのみ抽出)のCBDであり、ブロードスペクトラム(CBDその他カンナビノイドやテルペン類を含む。THCを含まない。)のCBDは使用不可です。
ブロードスペクトラムのCBDにはアントラージュ効果(相乗効果)あり。

THC(テトラヒドロカンナビノール)が法律によって禁じられている成分です。
THCには、向精神性(「キマる」「ハイになる」)と依存性があります。(CBDにはありません。)

CBDの効能、効果

  • ECS(エンド・カンナビノイド・システム)活性化 。
    ECSというのは人間の体内に本来備わっている身体を調整する機能のことです。
  • 睡眠の質の向上
  • 美肌効果
    ニキビなどのオイリーな肌やアトピー、シミやシワ、たるみなどを改善するアンチエイジングに。
  • 抗炎症作用
  • 抗菌作用
  • 鎮痛作用(頭痛など)
  • 抗がん作用
  • 鎮静作用(気分が高ぶる時に)
  • 抗てんかん作用
  • 骨の成長
  • CBDオイル

    AdobeStock_408891432


    舌下摂取します。スポイトで舌の下に滴下、30〜90秒キープし飲みこみます。
    飲み物や食べ物に入れても構いません。


    CBDカプセル

    AdobeStock_307058235

    CBDグミ

    AdobeStock_388106998


    ここで先日読み終えた本をご紹介いたします。
    私がこの本を読もうと思ったのは、食習慣を見直すことでストレスから解放され健康的な生活を送りたいと感じたことがそのきっかけとなっています。



    【PR】
    読み応えのある内容で、今までの食生活を反省しつつ興味深く読み進めました。
    この本の中で、CBDオイルについて触れておられます。
    CBDオイルの選び方、使用における注意点について詳しい説明がありました。
    正しい知識を得た上での使用が大事ですので、興味を持たれた方は参考にされるとよろしいかと思いましてこちらで紹介させていただきました。