放っておく、それは何もしないことではない。





敢えて放っておいたほうがいい結果をもたらすことだってあるのだ。





そう気づかされた、私にとってはタイムリーに響いた本です。